FC2ブログ

「超」怖い話 怪賊 「超」怖い話シリーズ (竹書房文庫) Kindle版



KindleUnlimited
あまり面白くなかった。
スポンサーサイト



怪談奇聞 立チ腐レ (竹書房文庫) 文庫 – 2019/4/27



KindleUnlimited

都会の怖イ噂 (竹書房文庫) Kindle版



KindleUnlimited

ほぼ日の怪談。 (ほぼ日ブックス) Kindle版



KindleUnlimited
ほぼ日って何?

マンガで分かる心療内科 17 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2019/4/8

白澤&三浦式 エキセントリック・トレーニング Kindle版

辻村深月 傲慢と善良 単行本 – 2019/3/5



長いわ~。うじうじした女やなぁ~。
でも「あんたは70点だよ。」とか言う女よりマシ。死ね。
名前が「真実」で、ついつい「しんじつ」と読んでしまって、脳内で修正する作業が面倒くさかった。

夢枕獏 キマイラ12 曼陀羅変 (朝日ノベルズ) 新書 – 2017/1/6

みんなでつくる 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参 単行本 – 2019/4/24



第1作目と比較すると、面白さは半減。

星新一 白い服の男(新潮文庫) Kindle版



KindleUnlimited
現代の「OKグーグル」とか「アレクサ」を予言していたような星新一さんです。
本作はオチが弱い気がする。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) 単行本 – 2018/12/24



著者のような高度なメモの利用はできないと思うが、部下の人事評価だったり、職場の課題だったり、思いついたときにメモしとかないとすぐに忘れるので、とにかくメモを取りまくろう。

ZIG ジグ (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ 単行本 – 2018/12/8

シャトゥーン~ヒグマの森~ 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版



続々と人間を食い殺す、情け容赦ない熊畜生

シャトゥーン~ヒグマの森~ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

恐怖箱 青森乃怪 (竹書房文庫) 文庫 – 2018/10/30



KindleUnlimited

マンガでわかる痩せる技術【2ヶ月半で−8kg】: 実録!原始人ダイエットやってみた (湊川あいの、わかば家。) Kindle版



KindleUnlimited

恐怖・呪い姫~実話狂気怪談 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫) Kindle版



KindleUnlimited

前川裕 歪顔(ビザール・フェイス) (Kindle Single) Kindle版



KindleUnlimited

伊坂幸太郎 あるキング: 完全版 (新潮文庫) 文庫 – 2015/4/30

前川裕 アパリション 単行本 – 2014/5/16



アパリションとは幽霊、妖怪、亡霊のことだそうだ。

矢崎(主人公) 予備校講師兼作家・・・兄が行方不明になる。
黛 矢崎と同じ予備校の講師 矢崎には一目置いている
越野 予備校講師。黛から嫌われている。妹夫婦が行方不明に。

本作も非常に優れた作品。すごい。
東大の文科三類のことを「文化三類」と誤記しているところがあった。

素敵な日本人 東野圭吾短編集 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/30



「君の瞳に乾杯」「壊れた時計」「水晶の数珠」が良かったなぁ。

芦沢央 火のないところに煙は 単行本 – 2018/6/22



芦沢央さんの作品を読んだのは二度目。
「罪の告白」を読みましたが中身はすっかり忘れました。
作者さんをググったら女性だったんですね。
そして、本作は、最高レベルで面白かったです。
すごい。
フィクションなのか、ノンフィクションなのかも分からないままでした。

中山七里 総理にされた男 単行本 – 2015/8/21



KindleUnlimited

また中山七里さんの作品がKindleUnlimitedで読めました。
ラインナップがちょびっとずつ良くなってきましたね。
個人的にはいつもの残虐シーンがないので不満でしたが。
「月光のスティグマ」と続けて読むと効果的。

一行恐怖 Kindle版



KindleUnlimited

電子書籍を読んでいると、一般に販売されている本のクオリティの高さを再認識できる。
てにおはの誤字とかないからね。

東野圭吾 希望の糸



良い本でした。さすが東野圭吾さん。いまだ衰えず。
読み終わった後、家族のことが大事に思えてくる作品。

本当は怖い科学の話 文庫 – 2014/10/5

前川裕 アトロシティー (光文社文庫) 文庫 – 2015/7/9



「クリーピー」の前川裕さんです。
超遅咲の作家さんですが、上手いなぁ、と感心します。
刑法や刑事訴訟法に関する描写にも間違いがありません。
しかし、「アトロシティー」というタイトルで意味が分かる人はどれくらいいるんですかね。
極悪非道、残忍性・・・という意味のようですが。
もうちょっと分かりやすいタイトルにしないと売れないと思います。もったいないです。

貯められない女のためのこんどこそ! 貯める技術 Kindle版



KindleUnlimited

へんないいわけ事件簿 単行本 – 2008/9/26

NEXT≫
プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天