東野圭吾 マスカレード・ホテル

マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル
(2011/09/09)
東野 圭吾

商品詳細を見る


マスカレード・・・仮面舞踏会。仮装大会。仮装。なるほど、刑事がホテルマンに仮装しているからこういうタイトルなんですね。本の内容は、とても面白かった。事件の真相も、事件とは関係のない話も、実は伏線だったりする話もどれも面白い。保存版です。

「麒麟の翼」「真夏の方程式」に引き続いての第3弾ですが、段々面白さがレベルアップしていてよかった。逆に、しばらく東野作品は読めないのだろうかと不安になります。

登場したての新田刑事はなんだか嫌な奴っぽかったですが、だんだんいい人に思えてきました。山岸さんともいい関係になるんだろうな、と思わせておいて、やっぱりそのとおりの終わり方。能勢刑事、気がきいてるなぁ。

それにしてもホテルには色んな客が来るのですね。ホテルは1流でも、客は3流以下のゲスども。言いがかりをつけてくるような客とは徹底的に争ってギャフンと言わせて欲しかった。クレーマーは一度味をしめると、何度も繰り返すようになりますから。特に、新田に個人攻撃してきた客はひどすぎた。あれは殴ってもいいな。

スポンサーサイト
NEXT≫
プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天