木下半太 悪夢のクローゼット (幻冬舎文庫)

悪夢のクローゼット (幻冬舎文庫)悪夢のクローゼット (幻冬舎文庫)
(2011/10/12)
木下 半太

商品詳細を見る


初めての作家さんです。
舞台がほぼ部屋の1室だけです。
にもかかわらず、はらはらドキドキさせてくれます。ときどき、クスリとさせられます。
このように限られた状況で引っ張るという設定は映画でもあったような・・・。
公衆電話から男が動き出せなくなるやつ。「テレフォンなんとか」。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天