星新一 盗賊会社

盗賊会社盗賊会社
(2013/05/31)
星新一

商品詳細を見る


昭和49年第9刷を図書館で借りて読みました。
当時の値段は200円。
「めくら」や「きちがい」など、現在では使われないのではと思われる単語もまじっていました。
電話の途中で会話内容に応じたCMが挿入される話は、現在ではインターネットの広告(過去の購入履歴からその人が欲しがりそうなものを表示するもの)に通じるものがあるなあと思いました(「無料の電話機」。)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天