木下半太 アヒルキラー

アヒルキラーアヒルキラー
(2012/02/10)
木下 半太

商品詳細を見る


本の装丁やタイトルからB級感を漂わせていますが、騙されてはいけません。
新米刑事の主人公・赤羽健吾とその祖父の“伝説の刑事”赤羽光晴の過去の話が交互に進んでいきます。
良くあると言えば良くあります。そして、登場人物たちの意外な身分関係。これも、良くあると言えば良くあります。
しかし、なかなか面白かったですよ。絹代(光晴の元婚約者)の手紙の最後の署名を見て、「あーっ!」と思いました。
これってシリーズ化されるんだろうか。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天