佐野洋 轢き逃げ (光文社文庫)

轢き逃げ (光文社文庫)轢き逃げ (光文社文庫)
(2005/08)
佐野 洋

商品詳細を見る


昭和45年の作品。図書館で昭和52年第1刷を読了。値段は440円。
450頁あり、当時としては滅多にない長編だったのではないかと思います。
冒頭で轢き逃げシーンがあり、その後証拠隠滅を画策したり、それにも関わらず警察が感づいて、やばいと思って姿をくらまして、人が死んで、と当時としては画期的な作品だったでしょう。
佐野洋さんの作品は10代の頃に何か1冊読んだことがあるくらいでしたが、小説家としてはオーソドックスな文体に感じました。舞台は黒電話の時代ですが、なんか、当時の日本人は現代の人より品があるように感じられますね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天