遠藤武文 現調



面白かった!『プリズン・トリック』も面白かったですが、本作も良作です。
たまたま手に取った、期待していない本が面白かったときは得した気分になりますね。
このような本を宣伝しない本屋さんはダメです。

損害保険会社の査定員滋野隆幸の周りで起こる、さまざまな交通事故に関連して、人間ドラマやミステリーが起こります。
滋野が常に名探偵だという訳ではありませんが、なかなかいい線いってます。
あえて突っ込むなら、「アリバイ」は被疑者がアリバイがあることを証明しなければならないのではなく、あくまでも捜査機関側が被疑者が罪を犯したことを証明しなければなりません。(第7章 不実)。そこんとこ、よろしく。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天