奥田英朗 ナオミとカナコ



かなりの分厚さの本ですが、面白くって一気に読めます。人に勧められる面白さ。
タイトルが主人公二人の名前。殺人の共犯者。
ドキドキハラハラして、最後のページまでページをめくる手が止まらない。
殺害した後、完璧だと思っていたシナリオが徐々に崩れていくところがたまらない。
殺した旦那の妹が執念深くって、「こいつさえいなければ」と思います。
殺人者の二人に感情移入してしまいます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天