深水黎一郎 最後のトリック



最後のトリックとは「読者が犯人」となるトリックである。
ネタだけかと思ったら、本気でそのようなトリックを仕組んでいます。
しかし、読者には「故意」がないので犯罪は成立しません。
本文でも述べられていますが、不能犯です。
と、オチに納得いかないので全体的な評価はイマイチなのですが、それ以外は非常に丁寧で、よく考えられているなぁという印象です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天