UFC172



disk1

フェザー級
◎ マックス・ホロウェイ vs. アンドレ・フィリ ×
3R 3:39 ギロチンチョーク
マックス・ホロウェイ選手は何となく、勝村選手に似ている。打撃もできれば、寝技もできる。
これが現代MMA。ちょっとくらい打撃が得意だからと寝技の練習もしない日本の選手とは大違いである。

ライト級
◎ ジム・ミラー vs. ヤンシー・メデイロス ×
1R 3:18 ギロチンチョーク
ジミだけど、さすがランカー。きっちり、一本。寝技に行くときの速さや極めた後の強烈さが半端ない。
ちょっとくらい打撃が得意だからと寝技の練習をしない日本の選手とは大違いである。

ミドル級
◎ ルーク・ロックホールド vs. ティム・ボッシュ ×
1R 2:08 キムラロック
岡見選手を強引に破ったディム・ボッシュ選手にあっさり一本勝ち。実力差がありすぎた。

ライトヘビー級
○ アンソニー・ジョンソン vs. フィル・デイヴィス ×
3R終了 判定3-0
体もでかく、パワー・技術のあるフィル・デイヴィス選手に勝ちやがったアンソニー・ジョンソン。同じタイプですな。
ウェルターの体を作れなかったのは、そりゃそうでしょ、という感じ。

UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
○ ジョン・ジョーンズ vs. グローバー・テイシェイラ ×

5R終了 判定3-0
薬物中毒王者も最近は判定勝ちが多いですね。目突きや膝関節蹴りなどのダーティな技を使うのでジョーンズは嫌いです。
目に指を入れられた後はパフォーマンスに影響するでしょうから判定ならジョーンズの負けでよろしい。

disk2

バンタム級
◎ クリス・ビール vs. パトリック・ウィリアムス ×
2R 1:51 KO(跳び膝蹴り)
鳥のように飛んで膝蹴り。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト賞。

ライト級
◎ ダニー・カスティーリョ vs. チャーリー・ブレネマン ×
2R 0:21 KO(右フック)
これまたすんげー右フック。個人的ノックアウト・オブ・ザ・ナイト賞をあげたい。

女子バンタム級
○ ベッチ・コヘイア vs. ジェサミン・デューク ×
3R終了 判定3-0
のちにこの勝者のベッチ・コヘイア選手に秒殺勝利するのがロンダ・ラウジー選手。

ライト級
○ 五味隆典 vs. アイザック・ヴァリーフラッグ ×
3R終了 判定3-0
ウィキペディアで調べても何も出てこない無名の選手にやっとこさ必死のパッチの死にもの狂いで判定勝利できたにすぎないのがかってのPRIDE王者。身長が同じくらいであれば打撃は当たりやすく、拳が大きいのか固いのか当たれば相手は負傷する。だが、それだけ。UFCではそんな選手は掃いて捨てるほどいる。寝技やタックルでも世界トップレベルにならなければ、何がどう転んでも到底トップ付近にすら近寄れない。そもそも計量時の体をみてもぽにょぽにょである。フェザーに落としたとしても、どうせランキングには入れないであろうが、フェザーかバンタムに落とすべきではなかろうか。というより、かつてのファンをがっかりさせないためにも引退すべきである。でもこの試合はファイト・オブ・ザ・ナイト賞。
ちなみに、川尻達也選手はタックルができるので身長差があってもテイクダウンできるけど、五味選手の場合は、「打撃が当たらねーだろうな」と思ってしまう。

フライ級
◎ ジョセフ・ベナビデス vs. ティム・エリオット ×
1R 4:08 ギロチンチョーク
タップもできないような極め方。これがUFCトップレベル。ちょっとくらい打撃が得意だからと寝技の練習をしない日本人選手とは大違いである。
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト賞
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天