東野圭吾 危険なビーナス



弟の妻に惚れてしまう伯郎を、ああ、ほんと男ってバカと思いながら読みました。
しかも、中身というよりエロボディに惹かれてるって。
分かる。分かるけど、バカ。
理系的部分は、ときどきググりながらも意味が良く分かりませんでした。
ラストはクスっと笑えました。

東野圭吾さんの作品は、どうしてこんなに読みやすいのだろう。
ほかの作家さんとどこが違うのか、不思議です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天