米澤穂信 満願 単行本 – 2014/3/20



短編集。
「王とサーカス」を先に読み、それが面白くなく途中で挫折したため、本作は期待していなかったのだが、いずれも秀逸。若き才能。
特に「柘榴」は気持ち悪かった。審判の結果を当事者の面前ですることはないと思うが。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天