貫井徳郎・福田和代・誉田哲也 痛み

痛み痛み
(2012/05/16)
貫井 徳郎:福田 和代:誉田 哲也

商品詳細を見る


3人の作家さんの、3つの短編が収録されています。

痛み」という本のタイトルにふさわしく、かつ、最も面白かったのは
貫井徳郎さんの「見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ」でした。「痛み」どころか、激痛です。小説中で行われる犯罪があまりにも卑劣。犯人があまりにも幼稚。被害者があまりにもかわいそう。実際に、こんな犯罪があったら気が狂いそうです。

福田和代さんの「シザーズ」という作品は、はっきり言って、面白くありませんでした。読んでる時間が苦痛でした。なぜ、この人が選ばれたんでしょうかね。他の作品は面白いのかな。

誉田哲也さんの「三十九番」はなかなか面白かったです。被収監者に弱みを握られた留置係の警察官が同僚の警察官に犯罪を疑われ・・・。警察官といえども欲望には勝てないのだ。「若い子」の正体にはあっと驚かされました。


若江岩田スカイハイツ(中古マンション980万円)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天