貫井徳郎 微笑む人

微笑む人微笑む人
(2012/08/18)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

【楽天ブックス】微笑む人

評価★★★★☆

非常に面白く最後まで一気読みです。殺人の動機が理解できなくもない自分が少し怖い。しかし、最後まで読んでもすっきりしません。そこが作者の狙いなんでしょうけど。すっきりしないことについて批判している輩を見て、作者は微笑んでいることでしょう。

本の帯で最も感想が似ていた人は、啓文社コア福山西店三島政幸さん
「読み終わった瞬間、むむ、これは一体どういうことだ!?と思ったが、すぐに、おやこれはこれだから傑作なのだ、と確信した。読後に残るこの感覚こそが、貫井さんがやりたかったことなのだ。これは貫井さんによる前衛的な傑作だ。」

読み終わった後、表紙を見ると口元の微笑みがなんとも不気味に感じられる。また、うっすら紅をさしているようにも見える理由は本書を読めば分かる。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天