宮部みゆき ソロモンの偽証 第III部 法廷

ソロモンの偽証 第III部 法廷ソロモンの偽証 第III部 法廷
(2012/10/11)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


評価★★★★☆

裁判というのは争いのある主張(事実)を認定して、法律を当てはめて、判断(結論)をくだす、という構造を取るのですが、事実関係についてはすでに第1部や第2部で詳述されており、新たな事実関係は少ししか出てこないのでそういう意味では退屈でした。また、三宅樹里の告発状は嘘っぱちであることは明らかなのだから、そういう意味でもつまらない。大出俊次もワンパターンだ。

「真実を明らかにする」のが目的なのに、真実はともかく陪審員にどのような印象を与えるか、という現実の裁判で戦略として取られるであろう態度を取ることもあり、矛盾を感じました。
それにしてもこんな中学生たちがいたら可愛くねーだろうな。

真相が明らかになるにつれ、柏木卓也君が死んだことに同情できなくなりました。
生きる意味がどうのこうのと言ってんじゃねーよ。あほたれ。
THE BLUE HEARTSが「ロクデナシ」で言っているじゃないか。
「生まれたからには生きてやる!」
と。


YOUNG AND PRETTYYOUNG AND PRETTY
(1987/11/21)
THE BLUE HEARTS

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天