望月諒子 腐葉土 (集英社文庫)

腐葉土 (集英社文庫)腐葉土 (集英社文庫)
(2013/04/19)
望月 諒子

商品詳細を見る


評価★★★★☆

この作者さんの作品は初めて読みました。「ストーリーがめちゃくちゃ面白くてページをめくる手が止まらない」とまでは言いませんが、なかなか意外性はあります。とにかく、ストーリーと文章が緻密に練られています。この一冊を読み込んでいくだけで国語の成績が上がるのでは?と思うほどです。久しぶりにプロの作家に出会えた気がしました。特に、関東大震災と東京大空襲の描写はすごいですね。我々日本人がアメリカにされたことを思い出させてくれました。

一か所突っ込むと、途中で「遺言書の開封を裁判所が許可した」、なんて記述がありましたが、民法上遺言書を見つけたら裁判所で検認という手続きを踏まないといけないので、裁判所がそんな許可を出すはずはありません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天