東野圭吾 夢幻花(むげんばな)

夢幻花(むげんばな)夢幻花(むげんばな)
(2013/04/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る


評価★★★★☆

プロローグ1で通り魔殺人事件発生。これがどうつながっていくのかが終盤近くまで分かりませんでした。
ひっぱりましたね。
秋山周治が殺される事件が発生しますが、それと黄色いアサガオはどういう関係なのか、蒲生家の秘密、消え去った彼女等・・・先が気になり一気読みです。私はまったくラストが想像つきませんでした。さすが作者が「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」というだけのことはあります。
ラストの蒼太の決意も作者から現代社会へのメッセージなんでしょう。
ただ、なんか胸を打つような感動や読後の余韻があったかと問われれば、それはなかった。そこが惜しい。
「百夜行」「幻夜」「殺人の門」レベルには至らなかったかな。
まあ、東野圭吾さんだから求めるレベルも高いのですが。

ps.Wifeは秋山周治の手紙で号泣したとのこと。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天