SHOCKER ショッカー [DVD]

SHOCKER ショッカー [DVD]SHOCKER ショッカー [DVD]
(2009/05/02)
マイケル・パレ、ウィル・サンダーソン 他

商品詳細を見る


評価★★★★★

ネタバレ

原題は「SEED」。連続殺人鬼「マックス・シード」の名前です。

オープニングで警官たちがシードの家に逮捕に行きます。雨の夜に。そして、真っ暗な家の中を電気も付けずに地下・1階・2階と分かれて搜索します。そして、少しずつやられていきます。そらそうでしょ。スーパー・ウルトラソウル・バカですか、あんたら。
これだけ恐ろしい殺人鬼の割には逮捕はあっさり。しかも、割と小柄。
刑務所の中なのに変なマスクかぶったままです。有り得ません。
めでたく死刑執行に至りますが、古い電気イスで電圧が上がらなかったためか、2回執行しても生存徴候有り。ほんで生き埋めにします。どうせ法を犯すんなら頭を拳銃でぶっとばすくらいしてくださいよ。
生き埋め直後に他の囚人から「生き埋めにしたやろ、知ってるで」と言われます。情報ダダ漏れです。
さらにこの囚人は「報いを受けるぞ~!」的なことを言うのですが、お前は何者やねん。
そして、シードは自分の死刑執行に携わった者たちへ復讐を開始します。どうやって住所を突き止めたのでしょう。調べた形跡もないのに個人情報がダダ漏れです。100%有り得ません。
しかし、家に不審者が侵入したと思われるのにどうして電気をつけないんでしょうね。殺されたいんでしょうか。どいつもこいつも、ウルトラお馬鹿。
シードが復活したことを知っていて、シードの家も分かっているのに、半年以上家におしかけないアホ警察。斧の出所なんかどうでもええわい。やっと押しかけると思ったら、たった一人で乗り込むアホ警官。そら、罠にもかかるわな。

と、つっこみたいところは多々あれど、この作品怖いです。不快です。小さな子供は見ちゃいけません。学生もダメ。おばちゃんを斧で嬲り殺すところは最後まで見せないやろうと思ったけど、見せてます。救いはけっこう下手くそなCGだったことでしょうか。
そして、救いようのないラスト。逮捕のときに殺していれば、と後悔します。そういえば逮捕のときに殺されなかったことをシードが回想していましたが、何の意味もありませんでしたね。
本作に比べれば映画「セブン」のラストは爽快であったとさえ言えます。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天