東野圭吾 祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時祈りの幕が下りる時
(2013/09/13)
東野 圭吾

商品詳細を見る


評価★★★★★

「検察側の罪人」が今年のNo1かと思いましたが、いやいや本作もなかなか。甲乙つけがたし。
加賀の母親の話と2つの絞殺殺人事件とがどうつながるのか、カレンダーに記載された橋の名前にどういう意味があるのか、まったく予想がつきませんでした。
加賀の推理により、じわじわと真実が明らかになっていく様はさすが書き下ろし作品。
途中、ミスリーディングもあったりして。
そして、ラストも余韻の残る終わり方。
最近ハズレの多かった東野圭吾さんの久々の傑作誕生です。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天