東天の獅子 第四巻 天の巻・嘉納流柔術 (フタバノベルス)

東天の獅子 第四巻 天の巻・嘉納流柔術 (フタバノベルス)東天の獅子 第四巻 天の巻・嘉納流柔術 (フタバノベルス)
(2012/02/21)
夢枕 獏

商品詳細を見る


いや~著者自ら述べるほど、本当に面白い。
どこまでが真実でどこまでがフィクションなのか。
嘉納治五郎、西郷四郎、武田惣角・・・誰が一番強いのか。
市川大八が力士に金玉を握りつぶされるエピソードにゾッとしました。
ここはフィクションであって欲しい。
そして、最後の最後にやっと出てきた前田光世。
小柄なのでテクニシャンなのかと思っていたのですが、13,4歳で合計120キロの米俵をひょいと持ち上げるほどの怪力だったのですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天