東野圭吾 虚ろな十字架

虚ろな十字架虚ろな十字架
(2014/05/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る



娘を殺されたら、あなたは犯人に何を望みますか。と本の帯から問いかけられます。
私なら、「そいつを殺してやりたい。」です。私はそういう人間です。
そいつが不幸な生い立ちであろうが、判断能力が欠如していようが関係ありません。
神戸でも小学生の女の子が殺されてしまいましたが、こんな理不尽なことはありません。
親御さんの気持ちを思うとやりきれません。

最近はときどき佳作もまじりますが、いまだに良い作品を生み続ける東野圭吾さんはすごいですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

KY

Author:KY
おっちゃんです。ほぼ、独り言です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
カウンター
リンク
月別アーカイブ
recommend

検索フォーム
BOOK 楽天